NHKマイルカップ

  • 2019年5月7日
  • 2019年5月7日
  • 競馬
  • 83View
  • 0件

グランアレグリアはNHKマイルカップを選択

桜花賞を休み明けでレコード勝ちして、注目のグランアレグリアはオークスではなく、NHKマイルカップを選択しました。2歳の時、牡馬相手に1600mの朝日FSを3着と好走しているし、桜花賞も1600mでレコード勝ちしているので、おそらく2400mのオークスより短い距離の1600mのNHKマイルカップの方が尚さんがあるということなんだろうと思います。

当然の選択のようにも思えますが、オークスは3歳牝馬限定のレースなので牡馬も年上の馬も出れません。NHKマイルカップは3歳限定のレースなので年上の馬は出れませんが、牡馬は出てきます。

2歳の時に朝日FSで負けているアドマイヤマーズも出てきます。

アドマイヤマーズが勝利

グランアレグリアはそんなに好スタートという感じではなかったのですが、前から3、4番手の前目の位置につけます。アドマイヤマーズは中断外の位置取りです。

グランアレグリアは道中少しかかっているような感じで直線に入ってあまり伸びませんでした。4着に入りましたが、進路妨害があり降着で5着という結果でした。

アドマイヤマーズはコーナーでは外を回って距離的にはかなりロスが大きいコース取りでしたが、直線じわじわと伸びて最後は半馬身差で勝利です。これでアドマイヤマーズは1600mでは5戦5勝で無敗です。

この成績だとおそらく今後もマイル路線で勝負すると思います。秋にはダノンプレミアムと対戦になりそうです。

グランアレグリアは中距離は走れないのでしょうか?

調教師や騎手の方は馬の走り方や乗った感じなどで、その馬の距離適性がわかるのかもしれませんが、私のような素人は馬の距離適性の判断は結果と血統くらいしかわかりません。

グランアレグリアはまだ1600mのレースしか出たことがないので、結果からはそれより長い距離が走れるのか判断できません。血統を見ると母親がタピッツフライです。タピッツフライは外国馬で1600mで活躍していた馬みたいです。父親がディープインパクトです。ディープインパクトは中距離から長距離まででG1レース7勝した日本を代表する馬です。

距離適性は母親の血統の方によく似るという話も聞きますが、もしかしたら長い距離も走れるということはないのでしょうか?あくまで素人目線ですが、長い距離も一回くらいは走ってみればいいのにと思ってしまいます(笑)

秋には2000mの秋華賞に出るのか、1600mのマイルチャンピオンシップに出るのか、あるいは両方出てくるのか、いずれにしても巻き返しに期待です。まだ3歳なので成長も期待出来るし、今回のレースは100%力を出したという感じでもなかったので、秋に巻き返しも十分期待できると思います。