算数を楽しむ 趣味で始める2/2

  • 2018年3月19日
  • 2018年3月20日
  • 算数
  • 210View
  • 0件

算数は深く考える力が身につく

前回の続きです。前回の記事はこちら

何か疑問に思っても誰かに聞くか、検索すればすぐに答えが出てきます。そしてすぐに違う問題に移ります。そうしないと時代に乗り遅れる、たくさんの問題を処理できるから便利だろうという意見も正解だと思います。しかし100%正解だとも思いません。時には立ち止まって考えることも大切だと思います。もしどこか間違っているのに、誰も問題がある、解決しようと考えなければいつになっても解決しません。

私が昔、アルバイトしていた会社の社員で、「人員が全然足りない。募集しても入ってこないし、入ってきてもすぐ辞めちゃう。最近の人はダメだな。」とよく言っている人がいました。「最近の人はダメだ」で終わってしまっています。そこで考えが終わってしまっているのです。なぜ募集しても入ってこないのか、なぜすぐに辞めてしまうのか、それらの原因は何なのか。そしてその原因をどうやって取り除けばいいのかを考えて実行すればよいのではないでしょうか。もちろん簡単に原因がわからない場合もあるし、原因はわかっても簡単に取り除けない場合もあるでしょう。でもそれ以上に考えていない場合が多いと思います。

算数を勉強して科学者、数学者になれなくても、計算結果を直接日常で役立てなくても、自分で考える力が身に尽くと思います。自分で考えて答えにたどり着いた時は、誰かから聞いて答えにたどり着いた時より何倍もうれしいし、自信にもなると思います。

算数にも大きな魅力がある

私は算数や数学が好きですが、もちろん万人受けするとも思っていません。けれど今の日本はあまりにも算数嫌いが多いと思います。

テレビのクイズ番組でも漢字や社会の問題はたくさん出るのに、算数の問題は少し出るか、もしくは全く出ないことも珍しくないです。友達と遊ぶのにサッカーや野球をやる人はたくさんいます。大人になってもゴルフ、フットサル、ボーリング、草野球、卓球、スキー、スノボー、ジムで筋トレとたくさんスポーツを楽しみます。スポーツやらない人でもスポーツ観戦を楽しみます。他にも多くの人がカラオケに行くし、音楽を聴きます。

それに比べて算数はどうでしょうか?仕事帰りにみんなでカラオケに行くことはあっても、算数をやるのは一般的ではないです。休日にジムに行く人は身の回りにいるけど、休日に算数やる人は探すのがかなり大変だと思います。スポーツバーはよく聞くけど、算数バーは聞いたことがないです。人には向き、不向きもあるし、好き嫌いもあるのが当然ですが、それでももう少しスポーツや音楽と差が縮まってもいいと思います。私は算数にも楽しさや達成感など多くの魅力がスポーツや音楽に負けないくらいあると思うし、それは頭のいい特別な人だけが感じられるものでなく誰でも算数から得られるものだと信じています。

ちなみに私は算数好きですが、頭が悪い方だと思っています。頭の悪い定義にもよりますが、私は子供のころからなぞなぞというのが解けたためしがないです(笑)きっと発想の柔軟性がないのです。あと頭の回転が遅いため、人と話すのが苦手です。会話のスピードについていけないのです(笑)脳と関係あるのか詳しくわからないが、音感やリズム感もゼロです(笑)

頭が悪いため、人と比べる学校の算数は得意ではないですが、なぜか考えることは好きで、時間制限なく一人で自由に考える算数は好きです。子供のころはテストで解けなかった問題をずっと考えていて、帰り道で解けたり、夜お風呂に入ってる途中に解けたりすることがありました(笑)頭の回転が遅すぎます(笑)これではテストで点数は取れませんが、それでも解けた時はうれしいし、すっきり爽快です。

そんな私がこれから写真スポットと並行して少しずつ算数の記事も書いていこうと思っています。頭の悪い高卒の私が書く算数の記事なので、誰でも理解できると内容になるのではないかと思っています。算数が得意な人にとっては退屈な記事になってしまうかもしれません(笑)算数苦手だけどちょっと興味あるなんて人と一緒に学んでいけたらと思っています。算数得意な人はいろいろアドバイスお願いします(笑)

長くなりましたが、次回から算数の話に入っていこうと思います。