天皇賞秋、アルテミスステークス

  • 2019年11月2日
  • 2019年11月2日
  • 競馬
  • 24View
  • 0件

アルテミスステークス

アルテミスステークスは2歳牝馬限定のG3、東京芝1600mのレースです。このレースに何で注目したかというと今のところ今年の2歳で一番の注目馬と言ってもいいリアアメリアが出走しました。

リアアメリアはデビュー前から注目されていた馬で前走の新馬戦は、評判以上の強い勝ち方でした。そのためG3でありながら、今年のアルテミスステークスはかなり注目されていたと思います。

アルテミスステークスでリアアメリアは道中、後方からレースを進め、途中少しかかり気味なそぶりを見せていました。

直線に入ってもまだ後方に位置していて、残り400mくらいから追い出して外からまとめて差し切りました。強い勝ち方ではありましたが、着差は3/4馬身で思ったほど差はひらかなかったです。デビュー戦があまりに強い勝ち方だったため、またものすごい勝ち方をしてくれると期待しすぎてしまったためちょっと物足りなく感じてしまいました(笑)

気になるのは体重が前走より+20キロになっていることです。調整不足ではなく、成長分だとの事ですがはたしてどうなのでしょうか(笑)

デビューから2戦続けて1600mのレースに出ているので、次走は同じ距離の2歳牝馬限定のG1レース、阪神ジュベナイルに向かうのかなと勝手に想像しています。そこを目標にしているので、+20キロだったのかもしれません。

天皇賞秋

天皇賞秋は東京芝2000mで行われる、古馬のG1レースです。2000mという距離は、1600mが得意だけどもう少し長めも走れるという馬も出てくるし、2400mや3200mが得意な馬も出てきます。そのため豪華なメンバーが揃いやすかったり、ジャパンカップや有馬記念では見られない勝負が見れることもあり、とても注目のレースです。

今年もマイルが得意なダノンプレミアムが出走しています。アーモンドアイはなぜか宝塚記念ではなく、安田記念に出走したのでそこでダノンプレミアムとアーモンドアイは対戦していますが、通常は天皇賞秋で初対決であり、ジャパンカップや有馬記念では見られない対戦だと思います。

アーモンドアイとダノンプレミアムの2度目の対戦も注目ですが、今回はさらに3歳のサートゥルナーリアが参戦です。サートゥルナーリア皐月賞を取り、その後のダービーでは4着に敗れて、距離が長いのではなどとも言われていて、ダービーよりさらに長い菊花賞を捨てて天皇賞秋に参戦してきました。

アーモンドアイが出てくるなら、距離が延びても菊花賞に出た方が期待できるような気もしますが、スポーツとして競馬を楽しんでいる私のような人間からすると、強い馬同士の対戦はとても楽しみです。最近では外国人騎手に乗ってもらうために出走レースを選んだりして、騎手ファーストという言葉もあるくらいです。もちろん馬主や関係者は高額なお金がかかっているわけなので、勝つために可能性の高い選択をするのは当然だと思います。

ただ私のように趣味でスポーツとして見ている人間は、強い馬同士の対戦が減ってしまうのは寂しい気もします。なので今回アーモンドアイがいるのに、サートゥルナーリアが参戦してきて、ダノンプレミアム、アーモンドアイ、サートゥルナーリアの対戦が見れるのはとても楽しみでした。

レース展開

スタートはアエロリットが好スタートから先頭に立ち、レースを引っ張ります。サートゥルナーリアが3番手につけて、そのすぐ後ろにサートゥルナーリアを見るような形でダノンプレミアム、さらにそのすぐ後ろにアーモンドアイが付けます。

注目の馬が前に固まる展開です。ダノンプレミアムはもともと先行、逃げ切りのスタイルだし、サートゥルナーリアとアーモンドアイは春に東京でダービー、安田記念とそれぞれ後ろにつけて負けているので、同じことにならないように考えると、予想通りの展開かもしれません。前半1000m59秒なので平均ペースだと思います。

直線に入るとサートゥルナーリア、ダノンプレミアムが前を行くアエロリットに並びかけます。しかしサートゥルナーリアはあまり手ごたえが良さそうではなく、アエロリットをかわせません。ダノンプレミアムもアエロリットをかわすのに苦戦します。

アーモンドアイは前にアエロリット、サートゥルナーリアがいて進路がないかなと思ったのですが、最内の狭い隙間が空くとルメール騎手が追い出しあっという間に前のアエロリットをかわして最後は流して、2着のダノンプレミアムに3馬身差つけてのゴールでした。逃げたアエロリットが粘って3着、サートゥルナーリアは最後失速して6着でした。

レース展開、位置取りは進路が空きさえすれば、アーモンドアイが有利の展開だったかなというのもありますが、やはり強かったです。しかしアーモンドアイが強ければ強いほど「凱旋門賞でアーモンドアイが走るのを見たかった」という思いが強くなってしまいます(笑)

今回天皇賞秋を完勝したことで、「さらなる高みへ」「凱旋門賞挑戦も再浮上か」などという噂も出てきていますが、私は凱旋門賞を取るなら今年か、もしくは斤量の軽い去年がベストだったのではないかと思います。来年は日本のG1レースを勝つのには十分だと思いますが、ピークは過ぎてしまっているのではないかと思うし、そもそも体質が強い馬ではないので今年限りか、来年のドバイあたりで引退になるのではないかなと勝手に思っています。

サートゥルナーリアは距離ではなく、左回りが苦手なのでは?

サートゥルナーリアは距離が長いということで、菊花賞を回避して天皇賞秋に参戦しましたが、距離ではなく左回りが苦手なんじゃないかなとも思いました。私は走り方を見るだけで、左回りが苦手か判断できるほど詳しくないですが、7戦して負けているのは左回りの東京だけだし、前走の神戸新聞杯はスローペースだったとはいえダービーと同じ2400mで、全く危なげなく3馬身差の勝利です。

ダービーも4着だし、今回もアーモンドアイとダノンプレミアムに負けて3着なら力を出したけど相手がさらに強かったという感じがしますが、6着となると右回りの時のサートゥルナーリアの力を出しているように見えないのです。

次走は?

ダノンプレミアムはおそらくマイルチャンピオンシップに向かうと思いますが、アーモンドアイはジャパンカップか香港らしいです。「サートゥルナーリアの次走はアーモンドアイしだいか」などという噂があります。私はサートゥルナーリアはジャパンカップは回避して距離は長いですが、右回りの有馬記念がいいのではないかと思います。